◯◯◯◯で潮干狩りをしてきました(サンプル記事です)

目安時間:約 6分

※この記事は

「こんな感じの記事を書いてくださいね」

というイメージです。

 

記事の内容に統一感はありませんが気にしないでください。

 

書いていただく記事の参考にしてください。

 

 

 

記事はここからです

↓ ↓↓↓

 

私達家族は毎年、◯◯◯◯に潮干狩りに行きます。

 

もうかれから5年連続で行っており、

我が家の恒例行事になっています。

 

今回は、◯◯◯◯に行ったことがある人しか分からない

現地の情報をお届けします。

 

参考にしてください。

 

 

◯◯◯◯ではどんな貝が採れるのか?

 

◯◯◯◯では、 あさりが採れます。

 

実は、私達家族はあさりが大好物。

 

私と主人は、潮干狩りを楽しむというより

むしろ食料を確保する狩りに出かける気持ちの方が強く、

行きの車の中でどんな料理を作って食べようかと、

そんなことばかりお互いに話していました(笑)

 

当日は、あさりがたくさん採れて

クーラーボックスがあさりでぱんぱんに、

そこから3日間はあさり料理のオンパレードでした。

 

もうしばらくあさりは要らないかなと思ったほど食べまくりました。

 

 

 

当日は人が混雑して大変でした

 

私達が◯◯◯◯に行ったのは、5月末の最終日曜日。

 

日曜日ということもあり多くの人が潮干狩りに来ていました。

 

砂浜は、人・人・人で埋め尽くされていました。

 

うっかりしていると隣の人とぶつかってしまうくらい混雑しています。

 

ここは有名な場所なので

隣の県からもわざわざやってくるのです。

 

それだけたくさんの人がいると貝がなくなるのでないか?

と心配したのですが、心配無用でした。

 

十分すぎる貝を持ち帰ることができました。

 

 

 

◯◯◯◯では更衣室やロッカーがあるので超便利

 

◯◯◯◯には、更衣室とシャワーがあるので、

当日、砂まみれになって、汚れまくっても、

シャワーで綺麗に流せて、すっきりすることができます。

 

お子さんがいる方は子供を思いっきり遊ばせることができます。

 

ただし、水しかでないので要注意。

 

時期と時間によっては寒くて、

シャワーをする気にならないかもしれないの気をつけてください。

 

私は無理に水シャワーをしてしまい風邪を引いたことがあります(涙)

 

更衣室の横にはコインロッカーがあるので、

荷物を預けることができます。

 

ただし、数に限りがあるので早いもの勝ちです。

 

 

 

日陰がないのでテントがビーチパラソルがると超便利

 

◯◯◯◯には、海の家的なものがありません。

 

ですので、家族で潮干狩りにいった時、

砂浜で待っているママなんかは、直射日光の下に晒されます。

 

ですので、テントやビーチパラソルを用意した方が絶対にいいです。

 

これらを持って来てないだろうママさんは、

仕方なく車の中でパパと子供が戻ってくるのを待っていて、

なんだか可哀想だなと思いました。

 

 

広大な駐車場があるので安心

 

◯◯◯◯は田舎にあるだけあって、

土地が余っているので駐車場が大きいです。

 

数百台以上は止められるのでまず大丈夫でしょう。

 

ちなみに駐車料金は、1日800円です。

 

有料ですが確実に車を停められるのでそれは安心です。

 

 

道具のレンタルがあるので手ぶらでもOK

 

◯◯◯◯は熊手のレンタルがあるので、

手ぶらで訪れても全然大丈夫です。

 

荷物を軽量化したい、車が無いという方でも

電車で気軽に訪れることができます。

 

採った貝を持ち帰ることも可能で、

その場合は、発砲スチロールのケースが売っているので

それを買って貝を入れて帰ることができます。

 

 

 

近くにホームセンターがある

 

◯◯◯◯の近くには車で5分の場所にホームセンターがあります。

 

ここで熊手でビニールシートや日焼け止めなどを調達可能です。

 

もし、当日に「あれ忘れた!」となっても

ここでそれを購入できるので安心です。

 

私はここで簡易的なテントを買いました。

 

 

◯◯◯◯の近くにはスーパー銭湯がある

 

◯◯◯◯から国道△△号線を西に10分くらい向かった場所に

スーパー銭湯があるんです。

 

 

ここは3年前にできたのですが、その時から私達家族は

潮干狩り→スーパー銭湯の流れが定番となっています。

 

出かける時はきちんと着替えを用意して、

潮干狩りでベトベトになって体を銭湯で綺麗さっぱりにして、

ついでに銭湯で体を癒します。

 

 

ここには1年に1回しか行かないのですが

とても大好きな銭湯です。

 

カテゴリ:未分類 

◯◯◯◯ でバーベキューしてきました

目安時間:約 4分

 

私は毎年春になると家族でバーベキューに行くのが恒例となっています。

 

 

家族で◯◯◯でバーベキューすることを検討されている方のために、

私達家族が◯◯◯でバーベキューをした時の情報をお届けします。

 

 

 

駐車場のスペースが少ない

 

◯◯◯には一応駐車場スペースがあるのですが、

ぜいぜい20台くらいしか停めるられません。

 

私達は、いつも早く現地に向かうので

停められないということはないのですが、

私達より後から来た人達の中には満車で停めらない人もいるみたいです。

 

 

私達もはじめここへ来た時、

到着が遅れて車を停めることができませんでした。

 

他の場所を探すのに時間がかかってしまい、

旦那はイライラするし、子供達もごねるし、

それをなだめる私はもう大変でした!!

 

そうならないためにもできるだけ早く

現地に到着するよう早め早めに動き初めたほうがよさそうです。

 

 

そんな人達は、敷地の外に駐車場があるみたいです。

 

でも有料なんです。

 

しかもそこそこ高い・・・

 

もっと駐車スペースを増やしてくれたらいいのに(怒)

 

なんとかして欲しいものです。

 

 

 

子供が遊ぶスペースがあるので助かる

 

子供達ってどうしてもバーベキューに飽きますよね。

 

でも、◯◯◯には、子供達が遊べる

アスレチックスペースがあるんです。

 

 

なので、とっても助かります。

 

私と主人はバーベキューを楽しみたいのに

子供達はどちらかというとアスレチックの方を楽しんでいます(笑)

 

まあ、いずれにしても

子供達が喜んでくれるなれそれでいいんですけどね。

 

そんな◯◯◯なので、

ここへはバーベキューをしない時も子供たちを遊びに連れていきました。

 

それはほとんど旦那の役割でしたが・・・

 

 

 

機材一式はレンタルできるので便利

 

◯◯◯◯◯はバーベキューセットがレンタルできるし、

食材の現地で調達できるので、手ぶらで出かけることができるんです。

 

もちろんビールも現地で買えちゃいます。

 

分からないことは、

◯◯◯◯のスタッフの方が丁寧に教えれくれるので、

バーベキュー初心者の方でも楽しむことができます。

 

 

私達夫婦は、バーベキューは好きなのに、

そういうことは面倒くさいのです(笑)

 

多少出費は増えますが、

ほとんど手ぶらででかけちゃいます!

 

 

 

テントがあるので暑さ対策もバッチリ

 

◯◯◯◯はテントがあるので、

肉を焼かない人はテントの下で日光を避けることができます。

 

ほんとこれは助かります。

 

炎天下の中で肉を焼くことほど辛いことはありません。

 

ただ、日焼け止めとサングラスと帽子は必須ですよ〜

 

 

 

まとめ

 

◯◯◯◯は

手ぶらで行けるし子供が遊ぶスペースがあるし

私達家族のお気に入りのバーベキュースポットです。

 

私も主人も結婚した当初は、

バーベキューの初心者だったんですが、

◯◯◯に何度も行っているうちに

すっかりバーベキューの達人になりました。

 

初心者の方でも安心して楽しめますので、

ぜひ利用してみてくださいね。

 

カテゴリ:未分類 

記事の構成の見本

目安時間:約 0分

カテゴリ:未分類 

大学生の春休みはいつからか?その期間の長さが凄すぎる!

目安時間:約 4分

大学進学を目指して受験勉強を一生懸命頑張っている受験生にとって、

勉強を続けるたった一つのと言っていいくらいの勉強を頑張れる理由は、

憧れのキャンパスライフをエンジョイするんだ!

という純粋、かつ不純な思いではないでしょうか(笑)

 

正直なところ、

大学に行って一生懸命勉強するんだ!

と思っている受験生はほとんどいませんよね。

高校と大学の違いは、色々ありますが、その中の1つが

春休みが異常に長い

ということ。

 

 

私は関西の私立の大学に運良く合格できたのですが、

1年生から2年生になる時に春休みの期間の長さに驚き、

そして歓喜したことを覚えています。

そのことを知ってもらうだけで、

受験生の勉強のモチベーションはグーンとアップしますよね。

 

 

大学生の春休みはいつからでその期間は?

念のため私が卒業した大学のホームページで

年間のスケジュールを確認したところ、

私が在籍していた頃とほぼ変わっていませんでした。


冬休みから春休みにかけての大学のスケジュールの流れを紹介すると・・・

冬休みの期間は年末年始の約2週間。

これは高校とほぼ同じ。

冬休みが明けた1月は何日か授業があり、その後に試験があります。

試験期間は約2週間。

そして・・・

1月末から2月初めには冬休みが始まります。

そして、春休みは4月初めまで続きます。


ということで、

大学生の春休みの期間は

なんと約2ヶ月。

平均的な高校の春休みの期間が2週間なので、春休みの期間の差は4倍もあります。

高校生の人から見たら夢のような話ですよね。


ちなみに、小学校、中学校、高校は、

必ず授業に出席しないといけないですが、

大学の授業は基本的に出席しなくても構いません。

授業に出席しなくても試験に合格すればそれでオッケーなんです。


出席しないと単位をあげないという出席重視の授業もありますが、

それはほんの一部の授業だけです。

ですので、全ての授業に真面目に出席しているという学生は珍しく、

逆に出席重視の授業がある日以外は

大学に来ないという学生はたくさんいるんです。


ちなみに、大学の夏休みも長くて、

始まりが7月末から8月始め頃

終わりが9月中旬から9月末くらい

夏休みも高校の夏休みより長いのですよ。


要するに大学生は高校生に比べて圧倒的に自由な時間が多いってことです。

このことを知っただけで勉強のやる気スイッチが入りますよね(笑)

 

 

大学生は春休みのような長期の休みに何をしているのか?

 

春休みがとんでもなく長いことは分かった・・・・

じゃあ、その時に大学生は何をしているのか?

気になりますよね?


これはその人によって当然いろいろあるのですが

普段とは違うアルバイトをする
長期で海外旅行に行く(遊び)
短期語学留学(勉強)
合宿で免許を取り行く
実家に帰る

 

 

これらは長期の休みだからこそできることなんですが、

逆にダラダラといつもと変わらない生活を送る学生もいます。

個人的には、個人で長期海外旅行に行くことをお勧めしますね。

個人旅行にハマった私の友人は、大学にはほとんど来ず、

普段はアルバイトをしまくってお金を稼ぎ、

夏休みや春休みになると物価の安い東南アジアやインド方面に

長期旅行に行くという生活を繰り返していました。

 

 

カテゴリ:未分類 

意外と簡単な梅酒の作り方とその時期を紹介!初心者のための簡単レシピ

目安時間:約 4分

梅酒は、一般家庭でも良く飲まれている女性に人気のお酒ですよね。

昔は、多くの家庭で梅酒が作られて飲まれていました。

 

私の親もよく梅酒を作っていて、

押入れの中に瓶に入った梅酒が保管されていたのを覚えています。

今は市販の梅酒がコンビニやスーパーで簡単に手に入るので、

家でわざわざ梅酒を作るなんて面倒なことをする人は少なくなりましたよね。

それは、梅酒を作るのにかかる時間と手間と費用のことを考えると、

買ってきた方がはるかにお得だからです。

 

ですが、自分で作った梅酒には手間がかかっている分、

市販の梅酒にはない愛着味わいがあります。

いまだに梅酒を家庭で手作りする人がいるのは、

そんな理由があるからだと思います。

それに梅酒を作るのは、

そんなに難しいことではありません。

とーっても簡単に作れてしまいます。

ということで、

今回は梅酒の作り方と梅酒作りのベストな時期を紹介します!

 

 

梅酒作りにベストな時期は?

 

梅酒作りのベストな時期は 5月〜6月の初め にかけて。

これは青梅ができる時期がこの季節だからです。

5月〜6月頃になるとスーパーの店頭に

梅酒用の青梅が並び始めますので、

スーパーで青梅を見かけたら

梅酒を作る時期が来たな! 

と思っていただいて結構です。

 

 

梅酒の作り方

 

用意するもの 
青梅 ・・・1〜1.5kg
氷砂糖 ・・・500〜800g
ホワイトリカー・・・1.8リットル
竹串
広口瓶

ブランデー、ウイスキー、ウォッカなどでも梅酒は作れますが、初めて梅酒作りにチャレンジする人は、無難なホワイトリカーで充分です。


注意点 
青梅は、傷が無く、シワが無く皮が固いものを選びます。

下準備 
青梅を3〜4時間ほど水につけてアクを抜きます。

青梅をしっかりと水洗いして布巾等で水気をしっかり拭き取ります。

竹串や爪楊枝などを使いヘタの部分を取り除きます。

広口瓶も洗い、しっかりと乾燥をさせて水気を取り除きます。

この下準備が不十分だと、カビが発生したりして梅酒が腐ってしまい、梅酒作りに失敗するので手を抜かずしっかり行ってくださいね。

 

 

 

実際に作ってみよう! 
青梅と氷砂糖を広口瓶の下から交互に敷き詰めていきましょう。交互に敷き詰めることで、青梅からでる成分と氷砂糖がホワイリカーに均等に拡散します。

次に広口瓶にホワイトリカーを注ぎ込み蓋をします。

青梅と氷砂糖の見た目の割合は、

青梅10に対して氷砂糖が7


コクのある梅酒が良いのなら氷砂糖の割合を増やします。

その場合は

青梅10に対して氷砂糖が10

になるまで氷砂糖を増やして良いでしょう。

このあたりの分量は割合はお好みですね。

梅酒の作り方は以上です。

超カンタンですよね(笑)

作った梅酒は、瓶の蓋をしっかりと締めて、温度差の少ない冷暗所で保管します。

 

 

 

作った梅酒の保存期間は?

 

梅酒を作る時の下準備をしっかりおこない、密封された瓶で冷暗所にきちんと保管していれば、10年以上は美味しくいただくことができます。

ここまで熟成させれば、市販では絶対に手に入らないオリジナルの梅酒ができあがりです。

まあ、普通に飲んでいれば数ヶ月で無くなってしまうので、瓶をいくつか用意して、別で長期保存用の梅酒を作ってもいいかもしれませんね。

 

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ